<< ぬれぎぬ | main | 悪癖 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    カテゴリ:- | | - | - | - | - |
    正しい葛藤
    0






      皆さんこんばんは、凸ノです。


      私事で恐縮なんですが、諸事情ありまして昨年、
      生まれ育った大阪の土地を遠く離れ、東京に引っ越したんです。

      東京砂漠とはよく言ったもので、引っ越したては寂しい寂しいと
      ウサギなら40回くらい死んでんじゃねーかという位に寄せては返す寂しさの波に襲われていたのですが、
      幸いかな学生時代からの友人知人で東京在住の人がある程度いまして
      色々と相手してもらっているうちに、なんとかかんとかTOKIOの生活にも馴れてまいりました。


      そんな東京在住の友人の一人に、私と同じく昨年東京に引っ越してきた男がいます。

      彼は声優志望の三十歳。
      現役最前線の童貞であります。


      今日はそんな彼に感動させられたお話。


       

      実績を持たない三十歳の男が声優を志す、
      ということがどういう意味を持つのか、そちらの業界に疎い私には
      よく分かりません。

      ただ、なんとなくですが「厳しい戦いになるな」というのは分かります。


      思い返せば彼は10年前から「声優志望」を名乗っており、
      それから何の実績もないままここまで来たという時点で、
      誰が見ても分かるような突出した声優の才を持たないことは明らかでした。
      そして三十歳で童貞とくれば正直な話、外見に非常に恵まれているというワケでもない。

      それが何の頼りも勝算もなく東京にやって来る……

      これだけで「これはかなりタフな勝負になる」というのが誰にでもお分かりになると思います。
      ここが2ちゃんのスレなら大体8:2くらいで否定的な意見が大勢を占めることでしょう。

      これは誰が見ても、あまりに不利な勝負。
      本人にとっては最初で最後の大勝負と言えるでしょう。

      果たして彼は圧倒的劣勢を覆して見事プロの声優になることが出来るのか……!!?


      私とて決して他人事ではなく、外野からものは言えません。
      日々是戦いです。







      と、そんな彼と先日飲んだ時に
      正直に聞いてみたいことをぶつけてみました。






       あのさ、今もし神が現れて
       童貞を捨てられる…
       と言うか理想の彼女を授けてくれるとしてな




       うわぁー
       ええなあそれ



       それか声優にしてあげる、ていう
       「彼女が出来る」か「声優になれる」かの
       二択を迫られたらどうする?




       ええ!?




      これは酒席での本当に他愛のない、一笑に付すような質問です。
      だって彼は東京に来たんです。
      何しに来たって、声優になりに来たんです。
      誰がどう見ても厳しい、本当に厳しい勝負をしに来たんです。







       
       う……
       ううううううう〜〜〜〜〜ん……





       
       !?





       えっ、なに?
       悩んでるの?
       えっ?
       何対何?どのくらいのパーセンテージで悩んでるの?






       うう〜〜〜〜ん……














       半々かなあ……



       半々






      重ね重ね言いますが、彼は三十歳の声優志望なのです。
      実績は何一つ無く、現在どこの事務所にも所属していないのです。
      いわばただのフリーターで、
      日々録り溜めたアニメに舌鼓を打っているだけなのです。
      これは本当に厳しい戦いなのです。



      それを、
      それを踏まえた上で私は言いたい。
      いやむしろ言いました。





      正しい。





      全くもって正しいと。



      彼にとって素敵な女性と結ばれるということは、それくらい
      渇望してやまない夢なのです。
      恐らく彼にとってかけがえのない夢と
      引き替えにしていいくらいの、
      それくらい切実な問題なのです。


      東京に出てきてまでなりたい声優という夢と、天秤にかけてもいいほどのもの、
      それがセックス的なアレ。


      「バカなこと言うな。女なんか二の次、三の次。
      今俺にとって大事なのは声優という目標だけだ!!」
      というのがカッコイイ答えでしょう。求められる解でしょう。

      しかし彼は違ったのです。
      まさかの半々。フィフティーフィフティーだったのです。


      これぞまさに
      正しき童貞の姿。

      カッコ悪いのです。
      キマらないのです。
      それでも仕方ないや無いか!欲しいもんは欲しいんや!!
      そんなかっこ悪い自分を抱えて進む、
      この青春の匍匐前進こそが、童貞道と言えるのではないでしょうか。
      全男性が忘れてはいけない魂ではないでしょうか。


      その正しき葛藤に、思わず私は感動の念を禁じえませんでした。



      送りたい。
      堂々たる三十路童貞おじさんの姿を示してくれた彼に。
      私は万雷の拍手を送りたい。


      皆さん!彼に喝采を!
      正しき答えを導いた男に座布団を!
      酒の空き瓶を!
      ありったけの罵声を!
      頭目がけて!!
      ぶん投げて頂きたい!!


      彼と私と皆々様方の前途に幸あれかし!!!



      皆セックス出来るよ!









      まあ声優になれるかどうかは知らないけれど。





       
      カテゴリ:童貞骨牌 | 02:11 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        カテゴリ:- | 02:11 | - | - | - | - |
        コメント
        人気声優になったらモテて彼女できるから先に『声優になる』と言わないとこがいいとこですね。
        | ぽち | 2014/03/05 12:01 AM |
        いわゆる風俗で童貞をお散らしになることは彼的には反則なのでしょうか?
        | やまだ | 2014/03/20 11:25 AM |
        >ぽちさん
        人気声優になったらモテるから、そこから……
        という知恵は彼には無かったようで、
        その辺りの朴訥さがまた良い味を出していますよね。


        >やまださん
        御年30歳にもなると
        「かような俗な場所では我が貞操散らせじ。加えて病気が怖すぎる」
        という謎のこだわりと臆病風がぴうぴう吹き渡るもののようです。
        こざかしいですね。
        | 凸ノ | 2014/03/28 3:58 PM |
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://hukaimandara.jugem.jp/trackback/125
        トラックバック